クリの花の匂い

軽井沢野鳥の森では、今、クリの花が満開です。

クリの木170707
満開のクリの木

この季節になると、森は青臭いような独特な匂いで満たされます。
それが何の匂いに似ているかは置いておくとして・・・
白い房状に咲いているのは雄花です。

クリ雄花170707
クリの雄花

そしてクリの実になる雌花はというと・・・
こんな姿をしています。

クリ雌花170707
クリの雌花

花弁も無く、めしべだけが束になって伸びていますが、
根元の辺りはちゃんとイガっぽくなっているんですね。

さて、そんな青臭い軽井沢野鳥の森の遊歩道を、
開花植物をチェックしながら巡回しました。
本日確認した花は以下の通りです。

草の花:ダイコンソウ、ウマノミツバ、カルイザワテンナンショウ、キツリフネ、アカショウマ、ヒメジョオン、ハエドクソウ、カラマツソウ、ヤマブキショウマ、ヒメヘビイチゴ、バライチゴ(見つけた順)

木の花:クリ、シモツケ、ナワシロイチゴ、ハシドイ

まだ梅雨も開けず、花の種類は少ないですが、夏の花が咲き始めたという感じです。
これから日に日に、花の種類が増えていくでしょう。

ヤマブキショウマ170707
ヤマブキショウマ

先日、実を付けていたキツリフネも、ようやく花が咲き始めました。

キツリフネ170707
キツリフネ

なんのこっちゃ?ですね。

実はキツリフネ、花を咲かせる前に、閉鎖花から実ができるのです。
自家受粉でできる種子ですから、自分のクローンという事になるのでしょうが、
とりあえず何でもいいので早くに種子を作っておけば、
もし花を咲かせる前にカモシカに食べられてしまっても安心です?

1年草の中には、そんなしたたかな暮らしをしている植物もあるのです。

大塚
スポンサーサイト
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード