へんなイモムシ

梅雨が明けたというのに、軽井沢は連日雨模様の天気が続いています。
それでも夏休みですから、連日、たくさんのご家族連れが、
ピッキオのネイチャーツアーにご参加頂いています。

今日も「野鳥の森ネイチャーウォッチング」で森をご案内していると、
見たことも無いイモムシが、地面に落ちていました。

名前を調べようと、ピッキオビジターセンターまで連れて帰ってきましたよ。
図鑑を見ると「ハンノケンモン」という種類の蛾の幼虫でした。

ツアー解散後、早速写真を撮影しました。

ハンノケンモン1

黒地に黄色い縞模様が目立ちます。

ハンノケンモン2

そして左右に斜めに伸びる毛は、
先端が太いリボン状になっています。

ハンノケンモン3

驚くと、ひらがなの「つ」のような姿勢で静止します。

地面で見つけたので、何の葉を食べていたのかは判りません。
図鑑によれば、ナラやヤナギを食べるようです。
名前が「ハンノ」なので、ハンノキを食べるのかと思ったのですが、
そういう訳ではないのでしょうか?

さかんに歩き回るので、きっとサナギになる場所を求めて移動中だったのでしょう。
成虫になると、明るい灰色の蛾になるようです。

大塚
スポンサーサイト
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード