アイスが食べたい

寒い冬でも、暖かい室内で食べるアイスは最高ですよね。
今日はアイスキャンディーを食べているエナガさんに出会いました。

もちろん、寒い森の中ですが・・・。

エナガ170222
エナガ(やっとエナガが撮れた・・・笑)

このエナガさんが食べている(舐めている?)のは、
モミジの枝から下がったつららです。
なんでこんな場所につららが下がっているのでしょう?

つららの下がっている枝を、よ〜く見て下さいね。
つららの上の樹皮に、横一列に並んだ傷がついているのが判るでしょうか?
誰か(恐らくキツツキ)がモミジの枝に傷を付けて、
樹液をわざと出しているのです。
言ってみればこのつららは、メープルシロップの原液でできているのです。
もっとも、煮詰める前の原液ですから、と〜っても薄いのですが・・・。

このような傷跡は、春が近付いてくると、
モミジやオニグルミ、ミズキなどの幹や枝に見つかるようになります。
そこから流れ出した樹液には、キツツキ類やエナガ、コガラなどがやって来るのです。

そして今日のように寒い日は、樹液がつららを作り、
身軽なエナガは飛びながらつららを舐めます。
そんな姿を撮影しようと、少し待ってみる事にしました。

理想としては、つららとエナガの背景が綺麗に抜けていて、
エナガの翼が逆光で輝いていると最高です。
そう思ってアングルを捜すのですが、
手前の枝が混んでいる上に、つららの周囲も枝が多いので、
思い描くようなアングルにはなりません。
「まぁこんなもんでいいか」というアングルでレンズを向けて、
エナガが再びやってくるのを待ちます。

約30分後、2羽のエナガがやってきましたが、
私のすぐ上を通り過ぎ、つららはスルー・・・。

さらに約30分後、今度は7〜8羽の群れが樹冠を通りかかりました。
「高いなぁ〜」と眺めていると、見事につららのある枝まで降りてきましたよ。
そして順番につららを舐めます。
そのうちの2羽が、飛びながらつららを舐めていきました。

連写した中から最も角度が良かったのがこれ。

エナガホバ170222

エナガの背景の枝が近いのが、やっぱり残念ですね。
羽ばたく翼は、1/1000秒のシャッタースピードでもブレてしまいました。

つららにやってくる小鳥たちの姿は、早春の森の風物詩なのですが、
いざ撮影しようとすると、なかなか良い条件のつららには巡り会えません。
またチャンスがあると良いのですが・・・。

大塚
スポンサーサイト
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード