春の草花いろいろ

最近、植物ネタをアップしてませんので、
数日前に撮影した草花をいくつかご紹介しましょう。

まず、今やたらと目に付くのはこの花。

ムラサキケマン140525
ムラサキケマン

沢沿いの遊歩道脇などに群生しています。
長細い花は、トラマルハナバチなどの口吻が長い虫が、蜜を吸うようにできています。

陽当たりの良い場所に多いのが、この花。

ミツバツチグリ140525
ミツバツチグリ

葉が3枚ずつ出るので、良く似たキジムシロと区別できます。
黄色いお皿状の花は、ハナアブ類が着地するためのヘリポートです。

アカゲラ休憩所前の草むらには、白い花がいくつも咲いています。

ホソバノアマナ140525
ホソバノアマナ

ほっそりとした弱々しそうな花ですが、
他の草に紛れながらも毎年顔を出しています。

そしてスミレの仲間も。

サクラスミレ140525
サクラスミレ

花びらの先が切れ込んで、サクラの花びらのようなので
名前がつきました。
花よりも葉が高く伸びる特徴があります。
陽当たりを好むスミレで、野鳥の森では最近減って来ているように思います。

こんな草花を愛でながら歩く「軽井沢 春の花散歩」は、
6月8日までの開催です。
サクラソウやルリソウの花もそろそろ終わり。
軽井沢野鳥の森で、春の草花に出会いませんか?

大塚
スポンサーサイト
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード