赤いかんざし?

今、野鳥の森ネイチャーウォッチングで森を歩いていると、
はっぱの上によくいるのがこの虫です。

大抵の子どもたちは「クモだぁ〜」と叫びますが、
よ〜く見て下さい・・・クモではありませんよ。

ザトウムシ130728

この虫は「ザトウムシ」。
足は8本ですが、クモと違って糸を出しません。
また、クモは体が頭胸部と腹部の2つに分かれて腰がくびれていますが、
ザトウムシの体は一体化しています。

名前の由来は「座頭虫」。
第2歩脚が長く、杖で前を探るように歩くところから来ています。
ちなみにこの写真のザトウムシは、左の第2歩脚がありません。
なので7本足になってしまってますね。

よく見ると、頭の上に赤いものが付いています。
これを拡大して見ると・・・。

ザトウムシ&ダニ

赤い丸にも、短い足が生えているのが判るでしょうか?
実はこれ、ザトウムシに寄生しているダニなのです。
まるで頭に、赤珊瑚のかんざしをしているようですね。

大塚
スポンサーサイト
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード