樹洞のムササビ

今日はなんと!
小瀬林道の樹洞に、ムササビが寝ていました。

ムササビ樹洞121129
樹洞の奥に、ムササビの顔の白い模様が見えるでしょうか?

夕方、そのムササビのお出かけの様子を観察に行きました。
少し離れた場所から息をひそめて見ていると、ムササビが顔を出しました。

ムササビ樹洞出巣121129
ピンぼけ・・・

そして木を登っていくと、枝からジャ〜ンプ!!

ムササビジャンプ121129
もっとピンぼけ・・・

暗いしこっちに飛んでくるしで、ピントが合いませんでした。

そして頭上のズミの木に登りましたよ。

ムササビ樹上121129
立派な・・・

オスですね。
睾丸がずいぶん発達しています。
ムササビの発情期は、冬と初夏だそうです。
もう発情期が近いのでしょうか?

このオスは、そのままズミの樹上で、
ズミの実を食べ始めました。

ムササビ食事121129
ズミの枝を引き寄せる

よく見ていると、ムササビはまず枝を手で引き寄せます。
そして枝をかじり取って手に持ち、
その枝に付いている実を食べていました。

枝からそのまま食べればいいのに・・・
なんだかめんどくさい食べ方ですね。

空飛ぶムササビウォッチング」は明日で一旦終了です。
今年は明日が、最後のチャンスですよ。
是非、ご参加下さい。

大塚
スポンサーサイト
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード