夏の出産ラッシュ?

毎朝恒例のムササビ巣箱チェック。
巣箱に設置された隠しカメラから伸びたコードに、
電池とモニターを接続して、中の様子を確認します。

頻繁に引越しするムササビを「空飛ぶムササビウォッチング」で観察するには、
巣箱チェックは欠かせない作業です。

今朝は私がチェックに行きましたが、
気配に反応して、巣箱から顔を出した子がいましたよ。

ムササビ170810

口角が上がって見えて、なかなか可愛く撮れましたね。
他にもこの数日の巣箱内の様子をご紹介しましょう。

ムサ巣箱170727
7月27日撮影

2匹のムササビが、まるで抱き合うように寝ています。
何だかラブラブに見えますが、恐らくこれは若い兄弟(姉妹?)。
ムササビは基本、一人暮らしなのですが、
親子や若い個体同士は、一緒に寝ている事がよくあります。
ちなみに今日、ここの巣箱は1匹だけが寝ていました。

こちらは親子。

ムサ巣箱170806
8月6日撮影

8月初めに新たに確認された親子です。
写真では判りにくいですが、両手の下に子どもが1匹ずつ。
2匹のまだ小さな赤ちゃんが抱きかかえられています。
今朝のチェックでは、この巣箱はもぬけの殻。
昨日まではいましたので、夜のうちに引っ越してしまったようです。

そして親子がもう一組。

ムサ巣箱170809
8月9日撮影

昨日確認されたばかりの親子です。
黒っぽく見えるのが赤ちゃんで、
こちらはどうやら一人っ子。
ムササビの子どもの数は、ほとんどが1匹か2匹です。

ムササビの出産シーズンは年に2回あると言われていますが、
今まで軽井沢で観察した印象では、4月はじめの出産が多く、
夏〜秋の出産例は稀でした。

また、春に産まれた子どもがいつまでも母親と一緒に暮らしていて、
同じ巣箱で寝ていたり、出巣後に合流したりする事も多くあります。
そのため、1年程は親子で一緒に暮らしていて、
その間母親は出産しないものだと予想していたのですが、
今年は2カ所の同じ場所で、春と夏に出産が確認されました。

メスはなわばりを持つと言われているので、
それぞれ同じメスが、年に2回出産したのでしょう。
すると、どちらも春の子が死んでしまって、メスが再発情したのでしょうか?
それともなわばりに変化があって、他のメスが出産したのでしょうか?

こんなとき、1匹1匹が識別できていると、もっと詳しく確実な事が言えるのですが、
見た目だけでの識別は難しく、また良いマーキング法も見つけられずにいます。
電波発信器も電池寿命には限りがあるし・・・。

どうにかもっと、彼らの生活に密着したいのですが、
なかなかに難しいですね。

大塚
スポンサーサイト

今日のムササビ巣箱(2017年6月11日)

ムササビ巣箱で抱卵していたオシドリは、
どうやら6月6日に孵化して巣立っていったようです。
その巣箱には、早速ムササビが帰ってきました。

オシドリ巣箱ムサ170611
「 Z Z Z … 」

樹皮を裂いた巣材の上に、オシドリが抱卵のために敷き詰めた綿羽が、
まだ巣箱の中に散乱しています。
ムササビは気にしていないのでしょうか?

他のムササビ巣箱では、シジュカラが苔を運び込み、
数日前から抱卵に入っていました。

ムサ巣箱シジュウカラ170611
ムササビ巣箱で抱卵するシジュウカラ(6月5日撮影)

しかし、本日チェックしたところ、もぬけの殻・・・。
どうやら何者かに巣を襲われて、卵を食べられてしまったようです。
アオダイショウの仕業でしょうか?

さらに他のムササビ巣箱では、私の接近に気付いたムササビが顔を出しました。

ムササビ新緑170611
「何者?」

アップでも撮影しましたよ。

ムササビ170611
「ねむい・・・」

新緑がまぶしそうですね。

大塚

近頃のムササビ巣箱

ゴールデンウィーク以来、暖かい日が多かったので、
軽井沢は一気に季節が進んでいます。
ムササビたちはどうしているでしょうか?

久しぶりに私、大塚がムササビ巣箱チェックに行ったので、
巣箱の中の様子を撮影してきましたよ。

ムササビ2匹170511

ぐちゃぐちゃで何だか良くわかりませんが、
こちらの巣箱では、2匹のムササビが寝ていました。
恐らく、昨年生まれの若い兄弟でしょう。

今の季節はまだ高い木が葉を広げる前で、
ムササビ巣箱は炎天下に晒されています。
巣箱の中は暑くなるのでしょうね。
ムササビは仰向けに広がって寝ていました。

ムササビ親子170511

こちらは4月16日の記事で紹介した親子の巣箱。
4月上旬に産まれたと思われる子どもはずいぶん大きくなっていて、
最近では壁によじ登ろうとする姿も観察されます。
巣穴から顔を出すのも、もうすぐかもしれません。

今年は他に1組の親子が観察されていましたが、
連休中に巣箱から何処かへと引っ越してしまい、現在行方不明。
騒がしかったのでしょうね・・・。

そしてこちらの巣箱には・・・

オシドリ抱卵170511

カモが座っています。

そう、ムササビ巣箱に営巣するカモと言ったら、オシドリです。
春先には星のや軽井沢の池に滞在していたようで、
ケラ池には夜に何度も飛来しました。
数日前から抱卵しているので、孵化するのは6月初め頃でしょうか?
親子でケラ池まで来てくれるといいですね・・・。

大塚

今年も赤ちゃんが産まれています

今年も、ムササビの出産が確認されました。

最初の確認は4月9日の「空飛ぶムササビウォッチング」にて、
ムササビが巣から出た際に、巣材の中でうごめく赤ちゃんの姿が確認されました。
状況から、おそらくその数日前あたりに出産したと思われます。

そして今日は違う巣箱で、赤ちゃんを確認しました。
今回は日中の巣箱チェック時に確認したので、画像も記録できましたよ。

ムサ親子170416

母親のお腹の上に乗った赤ちゃんの一部、
しっぽと後ろ足が、母親の大きなしっぽの影からのぞいています。
一昨日に、他のスタッフから「いるかも?」と聞いていたので、
こちらも出産から何日か経っていると思われます。

今年、出産が確認されたのはこの2家族です。
最初に確認された家族は、一昨日、早くも産まれた巣箱から引っ越してしまいました。
と、思ったら、他の巣箱に親子が、、、恐らく同じ家族です。

じつはこの2つの巣箱は、直線距離で300m程離れていますが、
昨年も、赤ちゃん連れの家族が行ったり来たりしていたのです。
ただ、引越し先の巣箱に仕掛けられたカメラのコードにトラブル発生。
映像が映ったり映らなかったりで、詳しい状況が判りません。
う〜ん、コード修理しなくてはですね。

ムササビ170415
隣の巣箱の住人

その家族が引っ越した巣箱の隣には、現在、別のムササビがよく寝ています。
恐らく昨年生まれの若い個体が、母親のなわばりに留まっているのだと思うのですが、
次の子どもも産まれた事ですし・・・、
そろそろ独り立ちを迫られて、なわばりから追い出されてしまうかもしれませんね。

大塚

ねむいのに〜

今日の軽井沢は暖かいと思っていたら、
午後から雪が舞う変化の激しい天気でした。

軽井沢野鳥の森の遊歩道は、かなり雪が溶けましたが、
まだ部分的に積雪(というか踏み固められた氷)が残っています。
散策の際は靴に滑り止めを付けるなど、足元に注意して歩いて下さい。

現在氷が残っているのは、どんぐり池の手前、アカゲラ休憩所の手前から少し先、
アカゲラ休憩所からミソサザイの沢へと降りる階段、
ミソサザイの沢に沿った遊歩道などです。

また、雪が溶けている場所も要注意です。
冬の間、地中の水分が凍り付くと、地面が盛り上がってきます。
そして春になると凍り付いていた水分が解け、その結果、地中に空洞ができるのです。
知らずにその上を歩いていると、突然地面が陥没し、
まるで落とし穴に落ちたような気分です。

もっとも、その穴は10センチ程度なのですが・・・
バランスを崩したり、場合によっては足をくじく可能性もあるので、油断は禁物。
春の訪れを感じさせる、危険な自然現象です。

さて、ズゴズゴと地面を踏み抜きながら歩いていると、
その音が気になったのでしょうか?
ムササビが巣箱から顔を出しました。

ムササビ170313
「ねむいのに〜 なんの音?」

ここの巣箱に入っているのを確認したのは久しぶりです。
黒っぽい毛の多い、若そうなムササビですね。
先日2月24日の写真のムササビとは反対側、左耳に切れ込みがあります。
右耳は見えていませんが、この子も個体識別できるかもしれませんね。

大塚
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード