秋の虫たち

9月も半ばを過ぎ、軽井沢は少しずつ秋めいてきました。
オニヤンマの姿もいつのまにか見かけなくなり、
虫の姿からも、秋を感じます。

ケラ池のほとりでは、フキの葉の上にフキバッタが止まっていました。

アオフキバッタ170923
アオフキバッタ

野鳥の森では見慣れたアオフキバッタです。
翅がありませんが、これで立派に成虫。
この種類は成虫になっても翅がないのです。

一方でトクサには、翅が短い他のバッタが止まっていました。
背中に筋が入っています。

コバネイナゴ幼虫170923

どうやらコバネイナゴの幼虫のようです。
昨年もこの辺りでコバネイナゴの成虫を確認しましたので、
しっかり繁殖していたようですね。
もうすぐ脱皮して、翅の長い(といっても腹部よりは短い)成虫になるでしょう。

コナラの葉の上には、秋になるとよく見かけるイカリモンガが止まっていました。

イカリモンガ170923
イカリモンガ

翅を立てて閉じ、まるでチョウのように止まっていますが、
昼間飛ぶ蛾の仲間です。
もっとも、チョウとガはどちらも「チョウ目」に分類される仲間なので、
それほどの違いはないのです。

アキアカネも、すっかり体が赤くなりました。
ケラ池に植えられたワレモコウに止まっていましたよ。

アキアカネ♀170923
アキアカネ♀

アキアカネは午前中に水田や水溜まりに産卵し、ケラ池では産卵は見られません。
このメスはもう今朝の産卵を終えてケラ池に飛来したのでしょうか?
それとも毎朝産卵する訳ではないのでしょうか?

虫が見られる季節も、残り短くなってきましたね。

大塚
スポンサーサイト

ケラ池のトンボたち

軽井沢は相変わらず不安定な天気が続いていますが、
今日の日中は日が差して良い天気でした。
ケラ池では今日も、トンボの姿が見られましたよ。

アオイトトンボ170821
アオイトトンボ♂

以前はウジャウジャといたアオイトトンボ。
まだ数は少ないですが、姿を見る事ができました。
岸辺の植物が増えてくれば、草の茎に産卵するこのトンボも増えてくるでしょう。

ナツアカネ未♂170821
ナツアカネ♂

まだ赤くなっていない若いナツアカネのオスです。
こちらは恐らく、どこかの水田で羽化して移動してきたのでしょう。
でもケラ池のような池ではあまり繁殖しません。
ナツアカネはよく、稲刈り前の水田で、稲穂の上から卵をバラまいています。

リスアカネ♂170821
リスアカネ♂

以前のスケートリンクにもよくいたリスアカネ。
今年も姿を見ることができました。
こちらは周りを森に囲まれた池で繁殖する種類なので、
今後、ケラ池への定着が期待できます。

オニヤンマ170821
オニヤンマ♂

ケラ池の脇に流れる水路には、オニヤンマのオスが次々とパトロールに訪れます。
たまたま目の前で枝に止まったので1枚。
体が大きなヤンマの仲間は、ぶら下がるような姿勢で枝に止まります。
オニヤンマは流れのある場所で育つトンボなので、
ケラ池では繁殖しないでしょう。
でもこの水路では繁殖するかもしれませんね。

大塚

羽化初確認!

今朝、ケラ池のほとりで、
羽化直後のマユタテアカネを見つけました。

ちょうど「野鳥の森ネイチャーウォッチング」の出発時だったので、
参加した皆さんと眺めていると、
ヒラヒラと初飛行して梢の方へと飛んでいきました。

午後、残された羽化殻を撮影しましたよ。

マユタテアカネ羽化殻170819

ビジターセンターを背景にもう1枚。

羽化殻とVC170819

マユタテアカネは秋に産卵し、そのまま卵越冬。
春に孵化した幼虫(ヤゴ)が夏に羽化するという生活環をもっています。
つまり冬場、スケートリンクの氷の下で越冬し、
見事、成虫まで成長したということです。

新しいケラ池で、はじめて確認されたトンボの羽化。
今後も定着するトンボの種類が増えてくるかと、期待が膨らみます。

大塚

ケラ池完成から1年経ちました

台風5号は日本海へ抜け、
軽井沢野鳥の森には、大きな被害は確認されませんでした。

雨も午前中には上がり、時々晴れ間も見えていました。
そして湿った南風のせいでムシムシ。
爽やかな軽井沢は、今日は何処かへ行ってしまったようです。

さて、晴れ間も出て、気温も上がったので、ケラ池ではトンボの姿が目に付きました。
ケラ池が完成して1年。まだまだ、以前のトンボ池の頃に比較すると少ないのですが、
今日はオオルリボシヤンマにオニヤンマ、タカネトンボ、シオカラトンボ、
ネキトンボ、マユタテアカネと、
以前にもいたメンバーが飛来していましたよ。

シオカラトンボ170808
シオカラトンボ

このシオカラトンボのオスは、ケラ池に掛かる橋の上でなわばりを張っていました。
他にもオスがいて、時々、なわばり争いが勃発。
また、メスも飛来して交尾・産卵が観察されました。

マユタテアカネ未♀170808
マユタテアカネ

まだ若いメスのマユタテアカネです。
ケラ池ではまだ、トンボの羽化や抜け殻は確認していません。
この個体も何処かから移動してきたのかもしれませんね。
以前は多くいたの種類なので、このまま定着してくれるといいのですが・・・。

さて、カエルの方はケラ池に無事戻ってきて、
ヤマアカガエル、アズマヒキガエルとも産卵を確認しました。
シュレーゲルアオガエルも鳴き声はよく聞こえましたが、
産卵は地中なので確認困難。
しかし最近、オタマジャクシからカエルになったばかりの子を目にします。
こちらも無事に復活したようです。

今日も、まだしっぽの長い子ガエルが、
木に登っているのを見つけました。

シュレーゲルアオガエル170808
シュレーゲルアオガエルの子ガエル

私の目線よりも高い場所で、枯枝の先まで器用に歩いていきました。
こんなに長いしっぽを持ったまま、池から樹上に移動していくのですね。

大塚

オシドリ親子登場!

今日の午後、ケラ池にオシドリ親子がやってきました。

オシドリ親子170531
オシドリのヒナたちと母鳥

ヒナたちは全部で9羽(写真には8羽が写っています)。
まだ小さく、密集して泳いでいる様子からすると、
孵化したばかりのヒナたちのようです。

歩道を歩く人を避けるように、
あっちに行ったり、こっちに行ったりしていましたが、
そのうち岸辺に上陸してひと休みしていました。

オシドリ親子陸170531

この親子、どうやら先日紹介した、
ムササビ巣箱に抱卵中のオシドリとは別の家族のようです。
いったい何処の樹洞で抱卵していたのでしょうね?

大塚
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード