落枝対策

森の木々は、上へ上へと枝を伸ばし、葉を広げて日光を浴びようとします。
すると低い場所にある古い枝は、日当たりが悪くなって枯れ、
折れて地上に落下し、土へと還っていきます。

これは自然界では普通に起きる現象なのですが、
もし、その枯枝が人に直撃したら・・・。
小枝なら良いですが、大きな枝だと命に関わる怪我になりかねません。

今年の夏、ピッキオがガイドしているすぐ近くでけっこう大きな落枝がありました。
その件を「国設軽井沢野鳥の森」を管轄する環境省の担当者に連絡したところ、
早速、落枝対策として、遊歩道の上に伸びる枯枝の除去をして頂ける事になりました。

昨日・今日と、その作業が実施されています。
ピッキオからも歩行者の誘導と切った枝の片付けのため、
スタッフがその作業に同行します。
昨日の午前中は、私、大塚が行ってきましたよ。

低い場所の枯枝は、柄が4〜5mくらいある長いノコギリで切り落とします。

枝落とし170904

しかし本当に危ない太い枯枝は、地上10m以上の場所にあるのです。
そこは専門の職人さん「空師」と呼ばれる方が、木に登って作業します。

空師170904

ロープと足に付けた金具を使って、するすると木を登って行きます。

空師作業170904

そしてロープでチェーンソーを樹上に上げ、枯枝を切り落とします。

高い木を自在に登り降りする姿には、つい見とれてしまいますが、
次の瞬間、地上に落ちた枯枝は、砕け散り、地面に突き刺さって、
その破壊力を見せつけます。

確率的には非常に低いとは言え、
歩行者に直撃しなくて本当に良かったと思いました。

自然の中には、様々な危険が潜んでいます。
そのすべてについて、事前に想定し、予防策を実施するのは難しのですが、
これからも気付いた事には対策を実施して、
たくさんの方が安心して野鳥の森を歩けるようにしていきたいですね。

大塚
スポンサーサイト

霜の花

2月も半ばを過ぎました。

寒い軽井沢でもさすがに真冬日は少なくなり、
日中は気温がプラスになる日が増えてきています。
日差しも強く感じられるようになり、
陽当たりの良い場所では、ずいぶんと雪が溶けてなくなりました。
カラ類もさえずり始めていますよ。

でも日陰では、溶けた雪が再び凍って、ツルツルのアイスバーンになっています。
森を歩く際には、靴用の滑り止めの装着を強くお勧めします。

さて、先日の朝、どんぐり池で美しい霜を見つけました。

どんぐり池の霜

水面から立ちのぼった水蒸気が、木の枝に凍り付いたのでしょうか?
気温が上がればすぐに溶け落ちてしまう、儚い芸術作品です。

氷の上に落ちたハルニレの小枝に、
まるで花が咲いたようについている霜もありましたよ。

霜の花

実物のハルニレの花よりも、こちらの方がよっぽど綺麗です。

大塚

いきなり大雪です

まだ11月だというのに、この大雪は何だったのでしょうか?

未明に降り出した雪は、昼頃まで降り続き、
あっという間に軽井沢を雪景色にしてしまいました。

野鳥の森入口161124
今朝の野鳥の森

スケートリンクもこの通り。

雪のリンク161124

雪が降っている間はどんどん積もって滑る事が出来ないので、
本日のスケートリンクはクローズとなりました。

それでも何度か雪をかき、
夕方に降った雪が止んでからさらに雪かきをしたので、
明日は朝から滑る事ができると思いますよ。

作業が終わった頃には、すっかり夜になっていました。
リンク脇に飾られたクリスマスツリーも雪化粧。

リンクのツリー161124

雪が積もった森が、ライトアップされて綺麗でした。

リンクのライトアップ161124

雪かきが忙しく、まだ野鳥の森に入っていないのですが、
恐らく遊歩道には30センチ程の積雪があると思います。
散策にはスノーブーツなどがあると良いですね。

大塚

ようやく雪が降りました

軽井沢は昨夜から雪が降り始め、
今日の午後まで降り続けました。

軽井沢野鳥の森も、ようやく雪景色になりましたよ。

野鳥の森入口160118
今日の森入口

小瀬林道には、すでに除雪車が入ったようです。

積雪は30センチ程。
遊歩道にも、もう人の踏み跡が付いていました。

野鳥の森160118

これだけ降れば、根雪になるでしょうね。
ようやく冬らしくなりました。

さて、ピッキオでは本日の午後から22日までと、
25日の午後から29日までの間、臨時休業となります。

【臨時休業のお知らせ】2016年1月

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

大塚

千ヶ滝は“一応”凍りつつあります

本日、12月19日は、
ピッキオの冬のツアー「スノーシュー・ピクニック」と「氷瀑探訪」が
始まる予定の日でした。

しかし今日の軽井沢。
朝、うっすらと積雪があったものの、
陽が射すとともにあっという間に溶け、
地面があらわになりました。

そう、今年の12月はいつになく暖かいのです。
「スノーシュー・ピクニック」は積雪が無いため本日中止
(最新の積雪状況はビジターセンターへお問い合わせください)。
氷瀑探訪についても、滝の凍り具合を確認すべく、
企画担当者である私、大塚が、千ヶ滝へと向かいました。

エビフライ151219

千ヶ滝の駐車所から遊歩道に入ろうとすると、
足元にたくさんのエビフライを見つけました。

もちろん本物のエビフライではありません。
ニホンリスかムササビのどちらかが、アカマツのまつぼっくりを齧って、
種子を取り出して食べた痕です。

ヤドリギ151219

この遊歩道沿いには、ヤドリギが多く見られます。
これからのシーズン、ヒレンジャクに出会う可能性がある場所でもあります。

柵の影151219

変な形に雪が積もっています。
どうやら陽が差して雪を溶かした時に、
柵の影になっていた部分だけ、雪が残ってしまったようです。

普通は太陽の移動とともに影も移動するので、すべて溶けてしまうのですが。
谷底で日が差す時間が短いので、こんな事になったのでしょうね。

つらら151219

沢の流れのすぐ上で、つららが並んだ枝を見つけました。
流れの落ち込みから飛ぶ飛沫が、枝に付着して凍結したようです。

「これは滝も凍っているかも・・・」期待がやや膨らみます。

そして・・・

千ヶ滝151219

千ヶ滝に到着です。

・・・氷瀑なのか?

千ヶ滝上部151219

やはりまだ、氷は少ないですね。
それでも良く見ると、立派なつららが育ち始めています。
これから滝の周辺のつららがどんどん大きくなり、
荘厳な姿へと変化していきます。

今年も何度か、千ヶ滝の氷瀑の様子をご紹介しますね。

シカ角研ぎ痕151219

帰り道、歩道脇の立木に、シカの角研ぎ痕らしき痕跡を見つけました。
軽井沢もこの十数年で、シカが増えてきていますが、
この千ヶ滝周辺にも、やはり出没しているようです。

まだまだ氷は少ないですが、「氷瀑探訪」は絶賛開催中です。
是非、ご参加下さいね。

大塚
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード