野鳥調査情報(2017年11月14日)

今日の軽井沢はどんよりと曇り、小雨も降る天気ですが、
調査をしていた朝の時間帯は、よく晴れていました。

歩き始めて最初に出会ったのはキジバトでしたよ。

キジバト171114
キジバト

遊歩道から飛び上がり、枝の上から私の様子をうかがっていました。

さて、本日確認した野鳥は以下の通りです。

キジバト、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、カケス(声)、コガラ、ヤマガラ(声)、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、キバシリ(声)、ミソサザイ、カワガラス(声)、ツグミ、ルリビタキ、カヤクグリ、アトリ、カワラヒワ(声)、マヒワ(声)、ベニマシコ、ウソ(声)、イカル、ホオジロ(声)、計25種

アカゲラ休憩所前の草地では、カラ類の混群が草地に出て、
灌木や枯草の藪に潜り込んでいました。
エナガが枯草の中から、次々出てきましたよ。

エナガ171114
エナガ

冬鳥のカヤクグリとルリビタキも同時に出没。
しかもルリビタキは青いオスの成鳥!
どっちにカメラを向けるか迷いましたが、とりあえず青い方を・・・。

ルリビタキ♂171114
ルリビタキ♂

遠かったのでトリミングしていますが、綺麗な青いルリビタキでした。
この間にカヤクグリは再び藪の中に・・・。

他にもマヒワやウソの声を確認。
アトリは今日も50羽ほどの群れで上空を飛び回っていました。

冬鳥がずいぶん揃ってきましたね。
木々の葉もほとんど落ちて、見通しも良くなっています。

野鳥がよく見られるのは、やはり早朝の時間帯ですが、
今の季節なら明るくなるのは6時過ぎです。
ちょっと早めに起きて森を歩いてみませんか?

大塚

「ベアドッグ繁殖プロジェクト」クラウドファンディング挑戦中!
スポンサーサイト

初ベニマシコ!

今シーズンは10月28日にはじめて声を聞いたベニマシコ。
例年通りアカゲラ休憩所前の草地で、「ピッポ」と声だけが聞こえてきます。

今日は野鳥の森の巡回がでら、
草地でちょっと捜してみる事にしました。

草地の中に分け入ると、今年もイノシシの巣がいくつも作られていました。
(過去の写真はこちら → 2015年11月18日の記事

また、藪の中には木の枝から
コガタスズメバチの巣がぶら下がっていましたよ。

コガタスズメバチ古巣171108
コガタスズメバチの巣

写真を撮っている間もハチの出入りは無かったので、
もう巣は解散してしまったのでしょう。
どこかで新女王バチが越冬し、
来春にまた新しい巣を作り始めるのです。

さて、タラノキに実が残っていたので、
そこでしばらく待ってみる事にしました。

通りがかったバードウォッチャーの方から
「何を待っているのですか?」と声を掛けられ、
ベニマシコについてお話ししていると・・・。

なんともタイミングよく、1羽のオスが飛来しました。

ベニマシコ171108
ベニマシコ♂

引きが強い方っているものですね。
私が待っている間はなかなか出てこなかったのに、
その方がいらっしゃったとたんに出るのですから・・・。

とりあえず証拠写真と撮影したのですが、
薮がゴチャゴチャしている場所からは出て来てくれませんでした。
そのため、写真の周囲を切り落として少し拡大しています。

タラノキの実を口にくわえて「モゴモゴ」しているのが判りますね。
ベニマシコは実から種子をより分けて食べ、果肉は口から落としてしまうのです。
タラノキの実が無くなるまでのしばらくの間は、
ここで待っていればベニマシコを見られると思いますよ。

大塚

「ベアドッグ繁殖プロジェクト」クラウドファンディング挑戦中!

初氷かな?

今朝の軽井沢は冷え込みました。
ピッキオビジターセンター前のケラ池では、
うっすら氷が張りましたよ。

ケラ池結氷171106

まだとても人が乗れる厚さではありません。
ケラ池スケートリンク」の天然氷エリアがOPENするには、
まだまだ冷え込まなくてはいけませんね。

地面には霜も降りていました。

モミジ落葉霜171106

でも日中はポカポカ陽気の暖かさでしたよ。

イロハモミジ171106

モミジの紅葉もピークは過ぎましたが、
まだ木によって、葉が残っています。

今の季節は1日の寒暖差が激しいですので、
軽井沢にいらっしゃる際には、
調節できる服装でお出かけ下さい。

大塚

「ベアドッグ繁殖プロジェクト」クラウドファンディング挑戦中!

明日からスケートリンクOPENです!

ピッキオが運営する「ケラ池スケートリンク」は、
明日、11月1日からOPEN予定です。

ケラ池171031
今日のケラ池

背後に見える軽井沢野鳥の森は、まだカラマツの黄葉が鮮やかですが、
ケラ池の人工製氷エリアには、すでに氷が張られています。

ケラ池モミジ171031

氷の中には、モミジの紅葉が封じ込められていますよ。

天然氷エリアでは、まだ水面が開けています。
岸辺にはまだオオアオイトトンボの姿がありました。

オオアオイトトンボ171031
オオアオイトトンボ

ケラ池スケートリンクについての詳細はこちら(→ケラ池スケートリンク)。
ぜひお出かけ下さい。

大塚

「ベアドッグ繁殖プロジェクト」クラウドファンディング挑戦中!

台風一過の虫たち

2週連続で台風が通過したことにより、
軽井沢野鳥の森の木々は、ずいぶんと葉が落ちてしまいました。
でもその分、野鳥の姿はずいぶん見えやすくなりましたよ。

今日は台風被害の確認も兼ねて、野鳥の森の遊歩道を巡回しました。
幸い、新しい倒木は見つかりませんでしたが、
まだ葉を付けたカラマツの枝が至る所に落ちていて、
林床までカラマツの黄葉で黄色く染まったように見えました。

開花植物はほとんど無く。
わずかにアカツメクサ、ヒメジョオン、トネアザミが咲き残り、
他にはガンクビソウが1株だけ季節外れに咲いていただけでした。

一方で、北風が強く寒かったにもかかわらず、
陽だまりでは昆虫の姿が見られましたよ。

アオフキバッタ171030
アオフキバッタの交尾

野鳥の森で最も良く見かけるバッタが、このアオフキバッタです。
以前はハネナガフキバッタやミカドフキバッタも野鳥の森に生息していましたが、
最近は見られなくなってしまいました。
森の木々が成長するにしたがって、
明るい場所が少なくなったのが原因ではないかと考えています。

ササキリモドキsp171030
ササキリモドキの仲間

恐らくキタササキリモドキだと思うのですが、
この仲間が載っている図鑑がピッキオには無くて判りません。
普段は木の葉の上で見かけるのですが、
落葉とともに地面に降りて来てしまったのでしょうか?

キイロスズメバチ171030
キイロスズメバチ

私に気付いて地面から飛び立とうとしましたが、
離陸できませんでした・・・。
弱っているようにも見えないので、気温が低すぎたのでしょうか?
しばらく見ていると、落ち着きを取り戻して歩き回り、
地面に落ちていたヤマブドウの実を食べ始めました。

軽井沢では花のシーズンはもう終了。
昆虫のシーズンももうすぐ終わりです。
長く寒い冬が近付いてきます。

大塚

「ベアドッグ繁殖プロジェクト」クラウドファンディング挑戦中!
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード