雪で足元がべしゃべしゃです。

一昨日から降り始めた雪で、すっかり銀世界になった軽井沢。
しかし3月終わりの雪ですから、さすがにベタベタの重い雪。
気温も日中はプラスに上がりますから、
道路の上などはどんどん溶けていきました。

しかし、軽井沢野鳥の森の中は、まだほとんど雪景色です。
重たい雪で倒木など発生していないか、
鳥獣保護区管理員の業務として、森をぐるっと巡回してきましたよ。

雪の次の日は、野鳥たちの活動が活発になるように思います。
恐らく、強い雪が降っている間はどこかに隠れていて、
あまり食事が摂れていないのでしょうね。
いつになく、近くまで寄れるのもこんな時です。
人にかまっていられないのかもしれません。

コゲラ170328
コゲラ

後頭部の赤い羽毛が見えています。
これはオスだけにある模様。
普段は隠れて見えない事が多いのですが、
頭の羽毛を逆立てたので、ちらりと見えました。

もしかしたら、私が近付いたのに腹を立てているのかもしれません。
でも餌探しはやめられない・・・。

コゲラ♂170328

枝の先の方まできて、ポーズを決めてくれました。
やっぱり頭は逆立っています。

地面が雪で覆われてしまったので、
虫を捜しているルリビタキは、
おのずと沢や道路の周りのような、雪が溶けた場所に出てきます。

ルリビタキ170328
沢に出て来たルリビタキ

枝に止まってはあたりの地面を見下ろし、
何かを見つけるとぱっと飛んで地面に降り立ち、
ついばんでから枝に戻ってきます。

ルリビタキ前から170328

背景が雪で真っ白。
まるで置物の写真のようですね。

ルリビタキ正面顔170328

この子はすぐ近くまでやってきましたが、
正面顔になってしまいました。

青いオスの成鳥に出会えるか期待したのですが、
残念ながら見つけられませんでした。

夕方に再び少し森に入ると、遊歩道も一部、雪が溶けて地面が出て来ていました。
でもまだ雪が残っている場所が多いですし、シャーベット状に溶けてべしゃべしゃです。
この数日間は、スノーブーツやスパッツなど、
足元の装備をしっかりとして森にお出掛け下さい。

大塚
スポンサーサイト

野鳥調査情報(2017年3月25日)

今日の軽井沢は、朝から雪が降って、すっかり銀世界になりました。
東京では桜が咲いているというのに・・・。

さて、昨日、軽井沢野鳥の森の鳥類調査を実施しましたので、
その結果をお知らせします(雪が降る前にできてヨカッタ!)。

キジバト、コゲラ、アカゲラ、カケス、ハシボソガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、ツグミ、アトリ、カワラヒワ、ウソ、ホオジロ、計17種

朝早い時間帯には、あちらこちらでミソサザイがさえずり、
追いかけ合う姿も観察されました。
どうやら今がミソサザイにとって、なわばりが決定する重要な季節のようです。

キジバトの「でーでーぽぽー」という声や、キツツキのドラミングも響き、
春が近付いてきたという感じです。

他にもカラ類やカワラヒワのさえずりや、
カケスの「ぴょ〜」というノスリ(?)の鳴き真似も聞こえましたよ。

ホオジロはペアで地面に降りて、枯草の実を食べていました。

ホオジロ170325
ホオジロ♂

時々「チチチッ」と鳴き交わしながら、
枯草の隙間を縫うように付かず離れず移動していました。

冬鳥もまだ滞在中で、昨日はアトリとツグミ、ウソに会いました。
ウソは小さな群れで4羽確認したのですが、そのうちの2羽はオスでした。

ウソ170325
ウソ♂

地面に降りては、何かをついばんでいました。
恐らく、落ちている植物の種子を食べていたのでしょう。

もう1羽。

アカウソ170325
ウソ♂

こちらのオスは、喉のピンク色が胸から腹にかけてまで、
グラデーションのように広がっています。
「アカウソ」と呼ばれる、サハリンなどから渡ってくる亜種です。

喉元のピンク色がくっきりしている普通のウソは、
日本の亜高山帯で繁殖しています。
どうやらこの小群、出身地はそれぞれ違うのですが、
たまたま野鳥の森で一緒になっただけのようですね。

すると一緒にいた2羽のメス。
見た目には区別が付かないのですが、
ウソとアカウソ、どちらだったのでしょうか?

大塚

また雪が積もりました

昨日から降った雪で、軽井沢はまたうっすらと雪景色になりました。

カエル看板170322

ヤマアカガエルの産卵シーズンを前に設置した「カエル横断注意」看板ですが、
今日は雪の中で佇んでいます。

例年、ヤマアカガエルの産卵は、どんぐり池で3月中旬に始まります。
今年も本日、どんぐり池に1つだけ卵塊が見つかったそうです。
雪の中、寒さにもかかわらず産卵したペアがいたようですね。

旧スケートリンクでは、ヤマアカガエルの産卵は3月末頃に始まりました。
果たして新しいケラ池には、カエルたちは集まってくれるでしょうか?

巣箱ツリー170322

スケートリンクの営業も終了し、ずいぶん氷が溶けたケラ池ですが、
今朝は冷え込んで凍った上に雪が積もって、すっかり冬景色になってしまいました。

島に植えられた木には、沢山のカラフル巣箱が掛けてあります。
これは軽井沢星野エリアで3月18日から開催されている
イロトリドリの街」の巣箱ツリーです。
30個以上のカラフル巣箱が置いてあるのですが、
さて、小鳥は使ってくれるでしょうか?

先日、早速シジュウカラのペアが下見に来ていたそうです。
これだけ沢山あると、どの部屋を選んで良いのか悩ましいでしょうね。

ピッキオビジターセンターでは、
期間中、窓際席にカラフルな双眼鏡を置いています。
カフェでのんびりコーヒーを飲んでいると
巣箱を出入りするシジュウカラの姿が見られるかもしれませんよ。

大塚

ねむいのに〜

今日の軽井沢は暖かいと思っていたら、
午後から雪が舞う変化の激しい天気でした。

軽井沢野鳥の森の遊歩道は、かなり雪が溶けましたが、
まだ部分的に積雪(というか踏み固められた氷)が残っています。
散策の際は靴に滑り止めを付けるなど、足元に注意して歩いて下さい。

現在氷が残っているのは、どんぐり池の手前、アカゲラ休憩所の手前から少し先、
アカゲラ休憩所からミソサザイの沢へと降りる階段、
ミソサザイの沢に沿った遊歩道などです。

また、雪が溶けている場所も要注意です。
冬の間、地中の水分が凍り付くと、地面が盛り上がってきます。
そして春になると凍り付いていた水分が解け、その結果、地中に空洞ができるのです。
知らずにその上を歩いていると、突然地面が陥没し、
まるで落とし穴に落ちたような気分です。

もっとも、その穴は10センチ程度なのですが・・・
バランスを崩したり、場合によっては足をくじく可能性もあるので、油断は禁物。
春の訪れを感じさせる、危険な自然現象です。

さて、ズゴズゴと地面を踏み抜きながら歩いていると、
その音が気になったのでしょうか?
ムササビが巣箱から顔を出しました。

ムササビ170313
「ねむいのに〜 なんの音?」

ここの巣箱に入っているのを確認したのは久しぶりです。
黒っぽい毛の多い、若そうなムササビですね。
先日2月24日の写真のムササビとは反対側、左耳に切れ込みがあります。
右耳は見えていませんが、この子も個体識別できるかもしれませんね。

大塚

どんぐり池の落葉

最近の軽井沢は、厳冬期に比べれば暖かくなってきました。
それを実感するのは、朝、どんぐり池の水面が凍結していない時です。

あと2週間もすれば、ヤマアカガエルの産卵が始まります。
そう思ってどんぐり池の水底を覗けば、
落葉の隙間から顔を出している、ヤマアカガエルの姿を見つける事もありますよ。

さて、最近どんぐり池を覗いて気になるのは、
沈んでいる落葉の様子です。

水底の葉フジ
フジ

水底の葉モミジ
モミジ

水底の葉ホオノキ
ホオノキ

どれも葉脈を残して、まるでレース編みのようになっています。
先日は落葉に小さなカゲロウの幼虫が貼り付いているのを見つけました。
どうやら水面下で活動するカゲロウやトビケラの幼虫が、
落葉をモリモリと食べているようです。

寒い冬の間、冷たい水の中でも、活動している昆虫がいるのですね。

大塚
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード