白い落とし物

今日も私はムササビウォッチング担当。
夕方、ピッキオビジターセンターに向かって歩いていると、
道端にまっ白い物が落ちていました。

よく見ると、まだ真新しいチョウの死骸です。
踏まれそうな場所だったので、そっと拾い上げて落葉の上に移しました。

ウラギンシジミ死体160929

見るのは何年ぶりでしょう?
私の地元、千葉県ではお馴染みのチョウです。
銀白色の翅裏から、その名も「ウラギンシジミ」。
幼虫はクズやフジの花や蕾を食べ、成虫で越冬します。
暖地のチョウなので、寒い軽井沢では越冬できない筈ですが・・・。

ウラギンシジミ♀表160929

もう一度拾い上げて、そっと翅を開くと、表側には白い模様があります。
オスではオレンジ色の模様があるので、これはメスのしるし。
翅の先端が尖っていることから、これから越冬する筈だった秋型です。

恐らくこの夏に、より標高の低い群馬県側から、
軽井沢にやって来た夏型のメスがいたのでしょう。
そして軽井沢でクズの蕾に産卵し、産まれた幼虫は成長して秋型の成虫になりました。
しかし、冬が来る前に何らかの理由で死んでしまったのです。

まだそれほど寒くなっていないので、凍死した訳ではないと思いますが、
軽井沢では結局、冬を越すことは叶わなかったでしょうね。

最近は温暖化の影響か、軽井沢でもツマグロヒョウモンのような
暖地性のチョウを見る機会が増えてきました。
ウラギンシジミも、同じように軽井沢で増えているのかもしれません。

もし、このまま温暖化が進行すれば、
いつか軽井沢でも、ウラギンシジミが越冬できるようになるでしょう。
そんな時が来るまで、彼女達は毎年軽井沢にやって来ては、
秋に死滅していくのです。

生き物が分布を拡大していく裏には、そんな死のドラマの積み重ねがあるのでしょうね。

大塚
スポンサーサイト

白いトゲトゲ

今日は久しぶりに暑い1日でした。
そんな中、野鳥の森のゴミ拾いをしながら、
開花植物を記録して歩きましたよ。

本日、開花が確認された植物は以下の通りです。

草の花:ハナタデ、ミズヒキ、シロヨメナ、シラネセンキュウ、シラネアザミ(?)、ノブキ、ノコンギク、ヤマゼリ、ナンブアザミ、イヌトウバナ、ヒヨドリバナ、アキノキリンソウ、キツネノボタン、イヌタデ、キンミズヒキ、メマツヨイグサ、ツリフネソウ、チヂミザサ、ユウガギク、ヒメジョオン、アカツメクサ、ゴマナ、コシオガマ、シラヤマギク、セキヤノアキチョウジ、ミゾソバ、ゲンノショウコ、ツユクサ、ナンテンハギ、ナギナタコウジュ、ミツバフウロ、サラシナショウマ、ミヤマヤブタバコ、ヤマハッカ(見つけた順)

種類数はまだまだ多いですが、盛りを過ぎた花が多く、
ずいぶんさみしくなってきました。

そして木の花は、もう確認されませんでした。
平地ではキンモクセイが咲いている頃でしょうが、
秋に咲く木って、以外と無いんですよね。

今日は他にも、ヌルデの木がへし折られて、
枝先の虫こぶが食べられている痕を発見しました。
ずいぶん以前にも見たことがある、ツキノワグマの痕跡です(2010年10月7日の記事)。
滅多に見ない痕跡なのですが、クマの方も、たま〜に食べたくなるのでしょうかね?

以前、花を観察したシオデが、ずいぶんと葉を食べられています。
よく見ると、葉の裏から顔を出して食べているイモムシがいました。

ルリタテハ幼虫顔160927

白いトゲトゲの、痛そうなイモムシですね。
葉をそっとめくると、驚いたのか、丸くなってしまいました。

ルリタテハ幼虫160927

赤と黒のまだら模様をした、毒々しい体から、
白いトゲトゲが無数に伸びています。
この色とトゲで、天敵から身を守っているのでしょうね。

実はこれ、ルリタテハの幼虫。
成虫は青いラインが美しいチョウなのですが、
幼虫はこんな恐ろしげなというか不味そうなというか、
奇妙な姿をしているのです。

大塚

久しぶりの晴れ間

今朝の軽井沢は久しぶりに晴れました。
青空を見るのは、いったい何日ぶりでしょうか?

いつものように、ムササビ巣箱のチェックに出掛けると、
ハナタデに止まるスジグロシロチョウに出会いました。

スジグロシロチョウ160925

花の蜜を吸う訳でもなく、じっとぶら下がっています。
傷ひとつ無い、新鮮な個体です。

ちょっと翅がへなっとしていますね。
もしかすると、今朝、羽化したばかりで、
まだ翅が伸び切っていないのかもしれません。

そう思って周囲を見ると、近くに大きなヤマハタザオが立っています。
ヤマハタザオはアブラナ科。
そこで青虫が育ったのでしょうか・・・?

このところ、曇りや雨で、気温も低い日が続いていました。
今日の晴れ間は、変温動物である昆虫達にとって、
待ちに待った晴れ間なのでしょうね。

このスジグロシロチョウも、今朝の晴れ間で気温が上がって、
ようやく羽化できたのかもしれません。

大塚

変わった寝床

軽井沢は相変わらず雨模様です。

ムササビは、多少の雨なら外に出掛けて行きますので、
ムササビウォッチングは少しの雨なら中止しません。
ですので雨が降っていても、毎朝のムササビ巣箱チェックは欠かせないのです。

今日もいつものように巣箱をチェックしていると、
小さな子ども連れらしいムササビが寝ていました。

ムサ親子160919

雨続きで、ちょっとカメラが曇っていますが、
画像の右側、何やら黒っぽいかたまりが、
恐らくムササビの子どもです。
ムササビは、子どもの頃は毛色が黒っぽいのです。

春に産まれた子どもは、もうずいぶん大きくなっているので、
恐らく夏に産まれた子どもなのでしょう。
先日、9月の始めに2回、
やはり小さな子どもを連れたムササビが巣箱に入っていました。
もしかしたら、その時の親子かもしれません。

他の場所では、いままであまり使われていなかった巣箱に、
新しく巣材が持ち込まれ、ムササビが寝ていました。

ムサ広葉樹巣材160919

広葉樹の葉っぱが、たくさん敷き詰められた上に、ムササビが寝ています。
葉っぱはどうやら、ハルニレのようです。

通常、軽井沢では、ヤマブドウのツルの皮が巣材に使われます。
広葉樹の葉がたくさん持ち込まれている例は、
恐らくピッキオの巣箱でははじめてではないでしょうか?

何故このムササビは、おふとんにハルニレの葉を選んだのでしょうね?
まさかお弁当にするつもりで持ち込んだとか・・・。

大塚

野鳥調査情報(2016年9月14日)

本日実施しました、軽井沢野鳥の森の鳥類調査結果です。

軽井沢は相変わらず、天気の悪い日が多いです。
今日もどんよりとした曇り空ですが、
なんとか雨に降られずに歩くことができました。

本日、確認した野鳥は、以下の通りです。

カルガモ、キジバト、アオバト、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、カケス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、クロツグミ、キビタキ、オオルリ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、計22種

ピッキオビジターセンター前のスケートリンク「ケラ池」には、
最近、数羽のカルガモが出入りするようになりました。
今朝も5羽が水面に浮いていましたよ。

今日は久しぶりに、キビタキとオオルリの姿も確認することが出来ました。
「プルルル・・・」という羽音で気付いたのはキビタキのメス。
オオルリは「カッ・カッ」という地鳴きで捜すと、
肩から下が青い、今年生まれの若いオスでした。

「ツィー」というツグミ類の声も、何カ所かで聞こえました。
唯一、姿を確認できたのは、クロツグミの若鳥でした。

写真の方はまったく撮れず。
とりあえず目に付いたチョウセンゴミシの実でもどうぞ。

チョウセンゴミシ実160914
チョウセンゴミシ

そろそろ秋の木の実が、色付き始めていますよ。

クリの実も、落ち始めています。

クリ実160914
クリ

軽井沢はもう秋ですね。

大塚
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード